こんにちは(」・ω・)


オステオパシーの講義で「腸骨検査」を習い始めました。

この検査で骨盤の歪みを診ます。
骨盤の後ろ側に「上後腸骨棘」という突起があります。
患者さんの背後からこの突起に自分の親指をあて、
足の上げ下げなどをしてもらい、骨盤の動きを観察します。

しかし、この「上後腸骨棘」を見つけるのが難しい(/TДT)/
腸骨
    「綿しか入ってないよ・・・。」

腰からお尻に向かうあたりのため、かなりのお肉が付いています。
はっきり言って邪魔です(笑)
中々、骨までたどり着けません。

また、ズボンやパンツのゴムのラインと被ったりするので、見つけにくさに
拍車がかかります。
とは言え、下半身モロ出しにするわけにもいきません(゚∀゚)アヒャヒャ

自分で「ここかな?」と思っても、全然違うところを触っていたりします。
当然、先生はピタッと「上後腸骨棘」を見つます。w(*゚o゚*)w
さすが、長年この商売で飯を食べてきた人は違います。

成長のためには数をこなすしかないですね。
とりあえず身近な人を実験台にして、修行に励みますか

今日はここまで。
ではでは( ̄^ ̄)ゞ


↓↓応援お願いします (* ̄∇ ̄*)エヘヘ↓↓

      
     無職 ブログランキングへ