こんにちは(」・ω・)


本日も台湾旅行記の続きです。(・∀・)つ

【10月11日の続き】

iPod の充電も終わり、軽く観光を開始です。

今回の旅行では食べ物絡みで行ってみたい場所が3箇所。
 ・豆乳と揚げパンのお店
 ・夜市の屋台
 ・鼎泰豐(ティンタイフン)で小龍包

外を見ると、雨が止んでいました。

夜市に行くなら、今日の方がいいなということで、
この日は「豆乳と揚げパン」→「夜市の屋台」というプランに決定。

ガイドブックを見ると、台北で豆乳の有名なお店は2軒。
「阜杭豆漿」「永和豆漿大王」

「阜杭豆漿」は営業時間がお昼までということで、「永和豆漿大王」
行くことにしました。

場所はどちらのお店も地下鉄MRT板南線「善導寺」駅の出口5から徒歩1分ほど。


「善導寺」駅は「台北車站」駅から1駅ということもあり、
ホテルから徒歩で直接行ったほうが早いと判断し、徒歩でお店へ向かいました。

20分ほど歩いてお店に到着。
15時くらいだったので、店内にお客さんはいませんでした。
IMG_1397
黄色い看板に赤文字の為、見つけやすいです。

さっそく、豆乳揚げパン、そして焼餅を注文しました。
ちなみに豆乳は冷たい、暖かい、熱いの3種類 の中から選べました。(*゚∀゚)っ
今回は「暖かい」を注文です。
IMG_1393
向かって左から、豆乳、揚げパン、焼餅

揚げパンをちぎって、豆乳に浸して食べます。
揚げパンの油で手はベトベトになりますが、味はすこぶるライトです。
台湾の人は朝食で食べているというのも納得です。( ̄∠  ̄ )ノ

店内のテーブルにティッシュが置いてありますが、
ウェットティッシュを持参したほうが良いかと思います。

快調に食を進めていたのですが、母が驚きの発言。

「この豆乳あんまり美味しくない。」

「なんですと~!!」Σ( ̄ロ ̄|||)

実は豆乳が無調整豆乳で、甘味がまったくありません。

自分は普段から、無調整豆乳を飲んでいたので何も感じませんでしたが、
調整豆乳ばかり飲んでいる人には、少々飲みづらい味かもしれません。

後で知ったことですが、お店によっては砂糖を入れるところもあるようです。
もしかすると、「永和豆漿大王」も頼めば砂糖を入れることができたのかも・・・。Σ(=゚ω゚=;)

結局、母がまるまる残した豆乳も飲むことにしました。
無調整豆乳を飲み慣れている自分でも、2杯はきつかったです。(笑)

腹がタプタプになりながらも、完食してお会計です。
値段は二人分まとめてで100元。
日本円にすると380円くらい。安いです。

豆乳の次は「夜市」だ!!
といきたいところですが、本日も長くなりましたので続きは次回にしたいと思います。m(_ _)m

話、進まないな・・・。(; ̄Д ̄)


今日はここまで。
ではでは( ̄^ ̄)ゞ


前回の台湾旅行記はこちらを見てください。
台湾旅行記1st

↓↓応援お願いします (* ̄∇ ̄*)エヘヘ↓↓
     
    放浪記 ブログランキングへ